2011年08月19日

東京アメッシュってすごいな

こないだテレビで紹介されていたゲリラ豪雨などまで判定できそうな下水道局のレーダーを使ったシステム。

http://tokyo-ame.jwa.or.jp/
posted by あじぽん at 10:39 | TrackBack(0) | 日記

2011年08月18日

ブログが面倒でTwitter

ここ1年近くブログが面倒で、近況はTwitterです。体重もつぶやいているよ。
ツイッターはこちらから
posted by あじぽん at 23:31 | TrackBack(0) | 日記

2011年01月08日

ソウルは寒かった

雪が降っていたよ。 image-20110108151336.png
posted by あじぽん at 15:11 | TrackBack(0) | 日記

2010年12月04日

メドックマラソン旅行記(公式DVD到着!)

大会公式DVDが届いた。そして、びっくり申し込んだのはひとつなのに、3個も。

DSC02952.JPG DSC02951.JPG

どうやら、参加ツアー申込時に、DVDも合わせて申し込んだのに、それを忘れて大会後にまたひとつ申し込んだため、自分と奥さんの事前予約分にくわえてもうひとつの合計3枚が届いたのだろう。DVDは欧州のPAL規格なので、当然ながら日本のDVDプレーヤーでは再生できないみたいだが、パソコンなら大丈夫みたいだ。まあ気を付けないとパソコンのドライブが欧州のリージョンコードになりかねないけれど。

これにて、基本的にぼくのメドックマラソンも完結した…のかな。まあ、あとは年賀状に写真をいれるくらいかなあ。

肝心の内容は、まあ特別なものではないけれど、前夜祭から当日の様子、翌日のウォークイベントまでが収められていて、大会の基本が収められている。フランス語なので内容はよくわからないけど、Youtubeの映像や世界ふしぎ発見の映像みたいなものが45分位収録されいる。NYマラソンみたいに自分の映像が織り込まれたカスタマイズDVDではない。
posted by あじぽん at 21:18 | TrackBack(0) | 日記

2010年11月27日

メドックマラソン旅行記(公式サイトに動画)

そろそろ大会DVDはできているかなと思って、メドックマラソン公式サイトにアクセス。すると、公式動画…かどうかわからないけど、YouTubeの動画にリンクが張ってあった。こちらは事前イベントから、レース翌日のウォークイベントまで収めてあって、大会全体を俯瞰できる映像。

そして、大会DVDも数日前にフランスを発送したらしい。ちゃんと届くかな…

posted by あじぽん at 13:48 | TrackBack(0) | 日記

2010年11月17日

メドックマラソン旅行記(世界ふしぎ発見に登場)

どうやら、世界ふしぎ発見でメドックマラソンが紹介される(リンク先はグーグルのキャッシュ)らしい。ツイッターでも、その手のツイートが次々と。

どうして、この時期に急にフランス特集なんだろうとおもったら、これって多分、羽田空港国際化で、羽田・パリ便就航がらみでのパブなんじゃないだろうか。たぶん、番組最後に、JALかエアーフランスの話がでるんじゃないかなあ。

※2010年に参加したときの旅行記は、右の新着記事欄から

【YouTubeにメドックマラソン紹介動画】番組終了後に、YouTubeに関連する動画が掲載されたみたい。しかし、番組の公式動画ではなく、AFPBB Newsによるもの。字幕付きで比較的わかりやすくまとまったもの。残念ながらEmbedできない様子。

posted by あじぽん at 22:00 | TrackBack(0) | 日記

2010年10月07日

メドックマラソン旅行記(DVDを注文)

メドックマラソンDVD カード払い用フォーム

マラソン大会といえば、レース終了後にDVDを売っている場合があり、ニューヨークマラソンのDVDを買ったこともある。 そして、メドックマラソンでもDVDが毎年発売されいる。どうやらレースの様子の動画が入ったものみたい。そういえば、レース中にカメラマンがいたり、ヘリコプターでコース周辺を撮影していたようだし。先日、それを注文した。

といっても、オンラインではよくわからなかったので、ツアーでやりとりした現地の旅行会社TuttiQuantiにまず問い合せてみた。 すると、価格は17ユーロで11月中旬に発送するという。 さっそく、注文することにした。

まず、先方から、住所を送れ・クレジットカード番号を記入するフォームに記入せよといった返事が来た。 そこで言われたとおりに住所をメールで送り、カード番号を記入するフォームに必要事項を記入し、フランスにファクス。

すると数日後に、「Thanks ! The DVD will be sent around 15th november 2010」という返事が来た。あとはまつのみ。ちゃんと来るかな…。
posted by あじぽん at 22:28 | TrackBack(0) | 日記

2010年09月16日

メドックマラソン旅行記(雑談・青いこの人たちは…)

DSCF2017.JPG

駐車場に止めた隣のバスに、この青い人達が大勢。なんのキャラだかしらなかったが、「スマーフ」という絵本キャラクターらしい。調べていたら、来年は映画も公開するらしい。
posted by あじぽん at 21:07 | TrackBack(0) | 日記

メドックマラソン旅行記(雑談・ボルビック)

DSCF2041.JPG

ボルビックがメドックマラソンのスポンサーの一社でした。なので給水でもボルビックが。しかし、なぜかペットボトルは日本向けのもの。それも、ほとんど全部なのではないかな。不思議ですね。プラカップにいれてテーブルに並べられますが、ペットボトル自体を手渡しているところも多く、私もボトルでもらって、少しずつ走りながら飲みました。モノを持って走るのはちょっと面倒だけど、いつでも飲めるのはメリット。日本の大会ではなかなかないこと。
posted by あじぽん at 20:43 | TrackBack(0) | 日記

2010年09月14日

メドックマラソン旅行記(ウォーク&ランチ編)

マラソン大会の翌日、「ウォーク&ランチ」というイベントがあると、メドックマラソン公式ページに出ていたので、こちらも申し込みをしました。朝、8時頃送迎バスにのり、こんどはLAMARQUEという街に。こちらはPaulliacほど遠くはなく、ボルドーからバスで50分くらいでした。小さな街の中にわりと大きなシャトー「シャトー・ラマルク」があり、そこがスタート地点。シャトーの入口で、青いブレスレットを見せて会場に入ります。

DSC02597.JPG

入るとすぐにエンジ色のメダルのような小皿のようなものをもらいます。みなが首にかけているので、真似しました。

DSC02616.JPG

入って緑の多いシャトーの庭で、なにをしていいのか分からずざわざわとみんなしているのですが、気分は爽やか。そのうち、花火があがって、庭の脇にある横断幕がかかった散歩コースのような方に人が流れていくのでいっしょにウォーク。このあたり、なんの説明もないのですが、これがフランス流なのでしょう。

DSC02624.JPG

まもなく、ひらけたぶどう畑に。この広ーい畑をまた何もがいどされることなく、みんなと行進です。でも、マラソンではおちついてぶどうも観察できなかったのですが、今日は余裕。一粒もらって食べてみたり(粒が小さいのは、食用ではなくワイン用だから、でしょう)

DSC02627.JPG

DSC02632.JPG

しばらく歩くと、また昨日と同様のワインを飲ませてくれるエイドが。入り口でもらった小皿みたいなカップについでもらってワインを堪能。いい気分です。

DSC02656.JPG

大規模なひまわりの畑というのも、このとき初めて見ました。

DSC02675.JPG

そして、昨日と同じく、歩いてはワイナリー、またあるいてはワイナリー訪問となりあした。ちなみに下の写真はなにかの専用農機具のようですが、よくわかりませんでした。もしかしたらブドウの収穫用かもしれません。

DSC02685.JPG



そして、3時間近くかけて10件弱のシャトーを訪問。そのたびに、生演奏あり、試飲ありのにぎやかなウォークイベントです。そして、そのあとはランチ。こちらは出発したシャトーに戻り、庭にしつらえられた巨大テントのなかで長テープル相席でランチ。

DSC02766.JPG

日本人はシャイになってしまいますが、陽気なフランス人(なのか、それ以外の国の人かはっきりとはわからないでのすが)、テント内のバンド演奏で踊ったり歌ったり。

DSC02780.JPG

食事も、前菜、メイン(キッシュと肉の煮込み)、デザートとお腹いっぱいでした。ちなみに、机の上には適当にワインが置かれていて、各自が飲むのですが、なくなったら、自分で会場中心の方に用意された樽まで行って自分で樽の蛇口をひねってビンを満たし、また自席に持ち帰って、周りの人と飲むというシステム。それでも、飲み過ぎてべろべろのひとはいないので、欧米人はワインに強い、ということなのでしょう。

DSC02798.JPG

DSC02786.JPG

日程に余裕があれば、メドックマラソンに参加した人は、この翌日のウォーク&ランチもおすすめです。フランス観光といえば、ブランド品の買い物もあるでしょうが、こんなにも時間をかけて、のんびりした気分で、シャトーをめぐってお祭り気分で楽しめるのは、こういう機会しかないはず。



なお、シャトーの外にも屋台村みたいなのが出来ていて、生牡蠣とか。鳥のローストとか、ワインとかを楽しめる場所もありました。こちらは予約も不要。

DSC02809.JPG

よい夏休みでした。
posted by あじぽん at 18:35 | TrackBack(1) | 日記

メドックマラソン旅行記(アフター・レース編)

無事、ブルーのゲートを抜けると、メダルを掛けてもらえます。参加賞のデイパックをもらって…そして、一ビン入った木箱入りのワインをくれます。さすがメドックマラソン。上の写真の手前に見える木製のものが、大量に用意された完走者用のワイン箱です。だいたいみなデイパックに木箱を入れて、レース終了です。ゴール脇に設けられたテント内でもワインやパンなどが振舞われていてにぎやかでしたが、私はとりあえずつかれたので、その時点であまり飲む元気はなくなってました…。

その後、へたりこんでひと休みしたあと少し歩いていると、なんとトイレブースの塊の向こうにシャワーブースが。これ幸いと、冷たい水をあびて、いい気持ち。ちなみに、男女の区切りとかもないみたいです。このあたり、「日本での感覚」に比べるとかなりオオラカ。ゴール直後だから着替えを持ち運んでいるわけでもなく、せっけんももちろんありません。それでも、水で体を冷やすと、超気持ちイイ〜。シャワーブースは、あまり気づいている人がいないみたいで、混雑もなくラッキーでした。

DSC02573.JPG

その後、公式グッズの販売テントを発見し、オリジナルの大会ラベルワインを買ったり、Tシャツを買ったり。このグッズ販売店とも非常に地味で、日本人もあまりいなかったので、気づいていなかったのではないかと。

DSC02577.JPG

とにかくマラソン好きで、タイム以外の楽しさに理解のある人はぜひ機会があれば参加してみるといいんじゃないかと思いました。メドックマラソンは、サイコー。大好き。

ちなみに公式プログラムには、このゴールのあとに、夜も花火を打ち上げたりとイベントがあるみたいです。ただ、フルを走ったあとでは結構大変で、Paulliacに宿をとってないとけっこうきついんじゃないかと思いました。汗もちゃんと流せるわけでもないし。ただ、バスがPaulliacとボルドーの間を結んでいるので、まちをじっくり楽しんでから帰ることも不可能ではないとおもいます。ただ、自分で手配する要素が増えていきますが。

そして、翌日は大会公式の「ウォーク&ランチ」にも参加。こちらも楽しかった〜
posted by あじぽん at 18:00 | TrackBack(0) | 日記

メドックマラソン旅行記(エンジョイ・レース編)

さて、メドックマラソンといえば、なんといっても、ワインをはじめとしたマラソン大会とは思えない給水・給食エイド。スタートの賑やかは人だかりが、街の中を多少ジグザグしながら5分くらい走るとぶどう畑の広がるエリアに入っていきます。ちなみに、最初のうちは、人が密集しているので曲がり角のたびに走りが止まり、歩きになりますが、そういうのも、気にして無い雰囲気でした。

DSC02340.JPG

DSC02350.JPG

最初のシャトーに向けて走っていると、道が広くないため、ぶどう畑のうねにも人が進出。ワインマニアの人が見たら怒りそうなシーンですが、おそらくこれが毎年のできごとなのでしょう。

DSC02377.JPG

そして、シャトー前やシャトー内でのエイドステーションはこんな感じ。ここではワインが写真に入っていませんでしたが、もしかしたら最初のシャトーでもワインが出されていたかもしれません。透明なプラカップに、ワインを1〜2センチくらいいれて手渡してくれる。最初は飲まないつもりだったけど、やっぱりこのマラソンに出た以上、まず元気なうちに名物のワイン・エイドを一口とおもって、私は2件目くらいのシャトーでまず1杯。

DSC02379.JPG

だいたいのパターンとしては、舗装路→ワイナリーに進入するダート→シャトー内(芝と白い砂利で整備された綺麗なシャトー内)→水とワインとオレンジ、角砂糖などのエイド→音楽バンドの生演奏→ワイナリーを出てダートを少し行くと舗装路、が繰り返されることになる。その間、仮設トイレはほぼゼロ。そこで、男性も、そして女性も、ワイン畑に入り込んで、シツレイする。畝の向きを選べば見えそうで見えない。女性や「大」をする場合、かがめば全然見えないし、お互い覗くようなこともない。有名なワイナリーの畑でもお構いなし。シャトームートンロートシルトであろうが、遠慮なしなのが痛快。ぶどうの実にも、たぶんひかかっている、はず。

DSC02402.JPG

どのシャトーが有名なのか事前に調べてもよくわからなかったけど、竹林がシャトー内にあるのがシャトーラグランジュ。ここはサントリーが経営に乗り出したところだとか。ちょっと日本庭園風の大きな池の周りに竹林があり、記念写真を撮るフランス人たちが大勢いた。

DSC02431.JPG

そして、シャトー・ラフィット・ロートシルト。ここはロスチャイルド資本だとかで、聞いたことがあった著名シャトー。緑のTシャツのシャトーの人がどんどんボトルからプラカップにワインをそそいでくれます。写真中央のシャトーの人も犬の帽子みたいなのをかぶっているみたいです。

DSC02503.JPG

あるシャトーのエイドの様子はこの動画で。バンドの音楽、ランナーたちの賑やかな様子。いい天気。最高の気分です。



そして、これが名物の生牡蠣。最後の5キロは、エイドステーションで、生牡蠣、ステーキ、アイスクリームなどがふるまわれるのですが、その先頭が生牡蠣でした。私は牡蠣が苦手なので写真だけですが、美味しかった様子。ひとりでなんこも食べても大丈夫です。ただ、このあたりになると、ゴールの制限時間に間に合わないのではないかと心配になってきましたが…。だいたい38キロくらい。

DSC02538.JPG

そしてステーキがこちら。食べやすく小ぶりに切ったステーキがさらにドバっと持ってあってみんな手づかみで食べます。(写真奥の人のお皿が肉が沢山ある状態)。何人もが皿をさし出してくれるので、食べそびれることもなし。何度食べても大丈夫。ここがだいたい39キロから40キロの間あたり。

DSC02547.JPG

そして、雰囲気動画はこちら。



そして、ゴール。私は6時間18分でした。途中でくじけそうになりましたが、先行する奥さんになんとかついていこうと、なんとかがんばっていたら6時間半の制限時間に間に合ったみたいです。ゴールすると、かわいいメダルをもらえます。ゴール直前で、すでにゴールした人がメダルを首にさげて帰路についているシーンになんども出会うのですが、あああのかわいいメダルが欲しいな、と頑張りましたよ。

DSC02560.JPG
posted by あじぽん at 17:41 | TrackBack(0) | 日記

メドックマラソン旅行記(スタート編)

さて、レース当日。日本から持ってきたご飯を、ホテルの部屋のミニキッチンのレンジであたためて、食べた上でホテルの朝食もいただく。やはりレース前には食べ慣れたものがいいので、ミニキッチン付きのホテルはありがたい。ホテルのロビーにはマラソン参加者がぞろぞろいて人の流れに従ってホテル前の通りに駐車しているバスに乗り込む。観光バスクラスの大きなバスに、ランナーが次々に乗ってくる。メドックマラソンは仮装を楽しむという趣向で毎年やっているそうで、ほぼ全員が何らかの仮装。私は奥さんがドン・キホーテで買ってくれたドラゴンボールの道着(オレンジ色で、背中に亀)。みな、あまり手荷物を持ってないけど私はけっこうでかいメッセンジャーバッグに途中で食べるゼリーやソイジョイ、トイレに備えたちり紙、帰りの着替え、パンフ、寒かったら困るとウィンドブレーカーなどつめこんで。なお、バッグ類はバスにそのまま置いて走るとのことを、前日に教えてもらった。日本のマラソン大会のように荷物置き場もあるにはあるようだけれど、小規模みたいだった。バスに置いて行けて助かる。盗難を心配してか、観光バスの床下の荷物置き場にいれていくようにいわれるけど、金目の物はないので座席にそのまま置いていった。

DSC02276.JPG

レース自体は、9時半スタートだけれど、バスがボルドーのホテル前を出発するのは6時半くらい。1時間半くらい薄暗がりの中、バスは下道をひたすら走って、8時ごろPaulliacに到着。駐車場エリアには、20台くらいが続々と集まってきたような感じ。外は心配した寒さはまったくなく、爽やか。スタートまでなんとなくバス内で過ごしたりするひともいて、私がバスからスタートエリアに向かったのは8時半くらいか。駐車場エリアにも仮設トイレがあるけれど、数はせいぜい5個。そこに、列がずらりとならぶ。しかも、トイレ行列の日本人比率はかなり高く8割以上の印象。そして、ちょっと気になったのは、20人くらいも行列してトイレを待っているのに、わりと急いで用を足す人が少ない様で、ちょっと傍から見ていてイラついた。なお、今回は仮装のテーマが「MANGA」だそうで、日本人の参加も多かったし、仮装もワンピース、ドラゴンボールなどが目立った。ほかにもフランスのアニメのものもあった様子。

DSC02283.JPG

駐車場から会場に向けて歩いていく。特に矢印などないのだけれど、人の流れがあるので心配無用。駐車場エリアから1キロ弱か。ギロンデ側沿いの道にはスタート地点を示すバルーンのアーチが設置されていて、ようやくレースだなと実感。

DSC02284.JPG

スタート地点では、仮装にもますますパワーと磨きがかかっていて、大規模な山車も何台もスタンバイ。たとえば、市内に敷設されるトラムの山車とかあったけど、レースでは多分走っていないのではないか。

DSC02316.JPG

ちなみに、会場にトイレが少ないこともあり、男性陣の多くが立ちション。脇を流れるギロンデ川にむけて放尿。

DSC02300.JPG

グーグルマップでみるとこんな地形です


大きな地図で見る

そして、スタート。動画をとってみました…。賑やかな音楽の中で。しかし、青いバルーンをくぐっても、計時している様子はなく、だれもタイムを気にしていないよう。いい大会だ…。
posted by あじぽん at 16:57 | TrackBack(0) | 日記

メドックマラソン旅行記(前日編)

2010年、メドックマラソンに参加しました。 参加にあたり、いろいろネットで調べたものの、意外にも情報が少なかったので、ブログに書いておくことに。 すべての写真はフリッカーにアップしてありますが、いくつかの写真に対して個別に説明を加えていきます。

レース前日編

DSC02194.JPG
メドックマラソンの公式サイトから、レース参加権付き宿泊プランを選択した私。まずはレース前日にゼッケンをもらいにいきました。レース会場はボルドーからバスで1時間半くらいのPauillacですが、私の場合はゼッケンはメドックの中心部にあるC.I.V.B.です。CIVBというのは、Council Interprofessional du Vin de Bordeauxの略で、ワイン協会だかそんなものみたいです。会場にはエコール・デュ・ヴァン(Ecolde Du Vin)という学校のようなショールームのようなものがあり、ワイン情報のパンフ、簡単な試飲などが普段提供されている場所のようです。その一角に臨時の受付テーブルが設置され、ゼッケンと資料類が配布されています。私の場合は、TuttiQuantiという旅行会社が実際の宿泊プランの手配などもやっているようで、現地にいたのもたぶんTuttiQuantiの人のようです。行列はあまり整理されてはいませんが、ひどい割り込みなどもなく、紳士的というか混乱もなく、引渡しが行われていました。待っている間にチョコをくれたり…。ゼッケンは1枚。胸につける。ゼッケン裏に計測チップ。安全ピンは言わないとくれません。Tシャツもこの時点でくれます。特に女性向けのものはサイズが小さめのようでした。ゼッケンと同時に、レース当日の送迎バスに乗るための、赤い紙テープ(腕に巻くブレスレットとよばれるもの・不織布みたいで、一日付けていても切れたりしない素材のもの)をもらいました。また、私と奥さんは翌日の「Walk&Lunch」イベントにも参加することもあり、イベント送迎バス用の青い紙テープ、ランチを食べる時の会場に入るための青いビニールのテープももらいました。

DSC02198.JPG
そして、必要なものを受け取るとすぐ脇にあるワイン試飲コーナーで試飲ができます。ゼッケンを見せると、試飲したことを示すはんこを押されて、白か赤を選べます。

これで基本的には前日の準備は終了。送迎バスは宿泊したホテルの前にきてくれました。また、ホテルのロビーには、メドックマラソン参加者用の簡単な案内パネルが置かれており、何時に、何番のバスが来ます、といった情報が載っていました。

なお、宿泊プランには、値段などのパターンが幾つかあり、私が泊まったのは引渡し会場から歩いて10分くらいのところの近代的なホテルで、ミニキッチンがついたコンドミニアムタイプでした。高価なプランでは、引渡し会場のすぐ脇の高級ホテルを使っているケースもあるような印象でした。(確かめたわけじゃありませんが) 私のホテルは非常に快適で無線LANが使えたり、バスタブがあるためレース後のクールダウンができたりと大満足の宿でした。Adagio Bordeaux Gambettaです。
posted by あじぽん at 16:18 | TrackBack(0) | 日記

2010年03月28日

iPod touchから更新

さいきんまったく更新してないな
posted by あじぽん at 22:58 | TrackBack(0) | 日記

2010年03月02日

ipod touchから書ける

新しいインターフェースで書きやすい
posted by あじぽん at 23:35 | TrackBack(0) | 日記

2010年02月10日

今日もコンビニスイーツたべてさまった

LAWSONのスプーンで食べるケーキ。チョコ味が出たから
posted by あじぽん at 23:52 | TrackBack(0) | 日記

2010年02月09日

グーグル検索ストーリー

ぐーぐる検索ストーリーが、スーパーボウルのCMになったそうだ。この広告キャンペーンは前からやっていて、視聴者参加みたいな企画も有ったけど、なんとなくつまらなそうだと思っていたけど、CMのストーリーは好意的な評価。自分でもちょっとやってみればよかった、とおもったが手遅れ。キャンペーン用の検索ストーリー作成サービスは終わっていた…

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100209_google_parisian_love/
posted by あじぽん at 12:18 | TrackBack(0) | 日記

2010年02月08日

新しいランニングシューズ

東京マラソンに向けて今日から履いてみた。ソールにまだ足が馴染まない。明日も履きたいが明日は雨降りと予報。残念
posted by あじぽん at 20:48 | TrackBack(0) | 日記

今日はコンビニ弁当

減量を心がけるはずがぜんぜん…。今日ものり弁の他に、メロンパンまで食べてしまった。この「あと一品」を止めないとなあ。
posted by あじぽん at 13:29 | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。