2010年09月14日

メドックマラソン旅行記(ウォーク&ランチ編)

マラソン大会の翌日、「ウォーク&ランチ」というイベントがあると、メドックマラソン公式ページに出ていたので、こちらも申し込みをしました。朝、8時頃送迎バスにのり、こんどはLAMARQUEという街に。こちらはPaulliacほど遠くはなく、ボルドーからバスで50分くらいでした。小さな街の中にわりと大きなシャトー「シャトー・ラマルク」があり、そこがスタート地点。シャトーの入口で、青いブレスレットを見せて会場に入ります。

DSC02597.JPG

入るとすぐにエンジ色のメダルのような小皿のようなものをもらいます。みなが首にかけているので、真似しました。

DSC02616.JPG

入って緑の多いシャトーの庭で、なにをしていいのか分からずざわざわとみんなしているのですが、気分は爽やか。そのうち、花火があがって、庭の脇にある横断幕がかかった散歩コースのような方に人が流れていくのでいっしょにウォーク。このあたり、なんの説明もないのですが、これがフランス流なのでしょう。

DSC02624.JPG

まもなく、ひらけたぶどう畑に。この広ーい畑をまた何もがいどされることなく、みんなと行進です。でも、マラソンではおちついてぶどうも観察できなかったのですが、今日は余裕。一粒もらって食べてみたり(粒が小さいのは、食用ではなくワイン用だから、でしょう)

DSC02627.JPG

DSC02632.JPG

しばらく歩くと、また昨日と同様のワインを飲ませてくれるエイドが。入り口でもらった小皿みたいなカップについでもらってワインを堪能。いい気分です。

DSC02656.JPG

大規模なひまわりの畑というのも、このとき初めて見ました。

DSC02675.JPG

そして、昨日と同じく、歩いてはワイナリー、またあるいてはワイナリー訪問となりあした。ちなみに下の写真はなにかの専用農機具のようですが、よくわかりませんでした。もしかしたらブドウの収穫用かもしれません。

DSC02685.JPG



そして、3時間近くかけて10件弱のシャトーを訪問。そのたびに、生演奏あり、試飲ありのにぎやかなウォークイベントです。そして、そのあとはランチ。こちらは出発したシャトーに戻り、庭にしつらえられた巨大テントのなかで長テープル相席でランチ。

DSC02766.JPG

日本人はシャイになってしまいますが、陽気なフランス人(なのか、それ以外の国の人かはっきりとはわからないでのすが)、テント内のバンド演奏で踊ったり歌ったり。

DSC02780.JPG

食事も、前菜、メイン(キッシュと肉の煮込み)、デザートとお腹いっぱいでした。ちなみに、机の上には適当にワインが置かれていて、各自が飲むのですが、なくなったら、自分で会場中心の方に用意された樽まで行って自分で樽の蛇口をひねってビンを満たし、また自席に持ち帰って、周りの人と飲むというシステム。それでも、飲み過ぎてべろべろのひとはいないので、欧米人はワインに強い、ということなのでしょう。

DSC02798.JPG

DSC02786.JPG

日程に余裕があれば、メドックマラソンに参加した人は、この翌日のウォーク&ランチもおすすめです。フランス観光といえば、ブランド品の買い物もあるでしょうが、こんなにも時間をかけて、のんびりした気分で、シャトーをめぐってお祭り気分で楽しめるのは、こういう機会しかないはず。



なお、シャトーの外にも屋台村みたいなのが出来ていて、生牡蠣とか。鳥のローストとか、ワインとかを楽しめる場所もありました。こちらは予約も不要。

DSC02809.JPG

よい夏休みでした。
posted by あじぽん at 18:35 | TrackBack(1) | 日記

この記事へのトラックバック

新潟県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 新潟県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-04-20 00:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。